トップページ > 販売リスト > 恐竜足跡 (北米産)

恐竜足跡化石(北米産)

恐竜の足跡化石は、もちろん恐竜が生きているときにつけられた足跡が、土砂など何らかの理由によりそのままの状態で埋まり、それが化石化したものです。そのような足跡化石は、世界中の様々な場所でたくさんの種類のものが発見されていますが、残念なことにほとんどの産地では、恐竜自体の骨格の化石が一緒に発見されることがほとんどありません。(足跡が化石として残る条件があったとしても、骨格が化石になる条件がないことが多々あるためと考えられます。)

そのため学術的には、このような痕跡化石にも(その産地から恐竜の骨格化石が産出するしないに関わらず)、一つ一つに種類に、三葉虫などの生体化石と同様に学名がつけられることとなります。従いまして、ここで付けられている学名は決して足跡をつけたと考えられる恐竜自体の名前ではなく、痕跡化石としての学名なのです。

なお、足跡化石にも三葉虫などの生体化石と同様にポジ(凸型)とネガ(凹型)の両方がありますが、足跡化石では恐竜に直接踏まれて凹んだ部分がネガ(凹型)に、そこへ土砂が溜まってできたものが凸型となりますので、ちょうど生体化石とは反対になります。しかしながら、生体化石のネガ(凹型)では、通常生体部分が一切含まれておらずにほとんど市場価値がないに等しい扱いをされますが、恐竜の足跡化石ではもともと生体が一切含まれていない印章化石ですので、直接恐竜が踏んだネガ(凹型)はもちろんのこと、ポジ(凸型)も価値あるものとして取引されています。

※もちろんここで取り扱っております標本はレジン等でつくられた複製ではなく、すべて地中より採掘されました自然の化石標本です。これらの足跡化石標本はすべて現地の地元採掘者から直接仕入れておりますので、どうぞご安心下さい。