トップページ > 販売リスト > 恐竜足跡 (北米産) > Anomoepus (アノモエプス)

Anomoepus / アノモエプス

Anomoepus (アノモエプス)は、このConnecticut Valley (コネチカット渓谷)を含むNewark Supergroup (ニューアーク超群)の地層から産出する多くの足跡とは異なり、Iguanodon (イグアノドン)に代表されるようなOrnithischia (鳥盤目)のOrnithopods (鳥脚類)と呼ばれる恐竜の足跡と考えられています。この頃のOrnithopods (鳥脚類)は二本脚歩行をしていたと考えられますが、後の白亜紀にはそれが4本脚歩行になり、Hadrosauridae (ハドロサウルス科)に代表されるような、大きなとさか状の頭部を持つことで有名な恐竜となります。Anomoepus (アノモエプス)と呼ばれる足跡は、先が大きく開いた3本の跡が特徴です。この地域では、他のGrallator (グラレーター)などのSaurischia (竜盤類)に属するTheropods (獣脚類)のものと考えられる足跡がたくさん産出するのに比べ、このAnomoepus (アノモエプス)のようなOrnithischia (鳥盤目)のOrnithopods (鳥脚類)のものは、産出量は非常に少ないとのことです。

この足跡も、たくさんの恐竜の足跡が産出することで有名な、米北東部マサチューセッツ州のConnecticut Valley (コネチカット渓谷)の中の、中生代ジュラ紀前期(約2億年前)のPortland Formation (ポートランド層)から産出したものです。この産地は、1858年にE.Hitchcock (エドワード ヒッチコック)が行った、北米で最初の恐竜の足跡に関する詳細な報告の対象となった場所として有名です。もっとも、当時はそれが恐竜の足跡ではなく、大型の鳥類の足跡として報告されていましたが、現在でも彼の報告した足跡の種の多くがそのまま学術的な基準として使われています。

Anomoepus & Grallator
アノモエプス&グラレーター
【FTP-016】
ジュラ紀前期
Portland Formation
Connecticut Valley, Hampshire County
詳細写真 Massachusetts, USA
本体 : 縦:アノ8.5cm&グラ8cm、ネガ(凹型)
母岩 : 25cm x 17cm (厚さ4.5cm)
価格 : ¥42,300 (税込¥46,530)
特記 : 産地の恐竜足跡が出る層をそのまま切り取ったようなプレートです。
最も目立つ足跡2つ(共に凹型)がハイライト化されていますが、さらに複数のものが確認できます。その大きさや形状から当時この地域にはこのような小さな足をもつ小型恐竜が同時に複数の種類いたことが分かります。体重が軽いためにそれほど凹みはありませんが、この産地のこのサイズの足跡の凹み具合としてはごく標準的なものです。なおハイライト化されている部分は固形樹脂を擦りつけたようなものですので洗剤で軽く洗えば簡単に除去可能です。
Anomoepus sp.
アノモエプス
【FTP-014】
ジュラ紀前期
Portland Formation
Connecticut Valley, Hampshire County
詳細写真 Massachusetts, USA
本体 : 縦:14cm x 幅:13cm, ネガ(凹型)
SOLD 母岩 : 15cm x 14cm (厚さ3.5cm)
価格 : ¥32,381 (税込¥34,000)
特記 : 他のこの産地からの獣脚類とは明らかに異なった、鳥脚類ならではの特徴が観察できる標本です。
ほぼ正方形に切り出された、母岩割れもない美しいプレートです。