トップページ > 販売リスト > ブラジル魚類化石 > Notelops (ノテロプス)

Notelops / ノテロプス

Notelops (ノテロプス)は、Elopomorpha (カライワシ上目)・Notelopidae (ノテロプス科)に属しています。最大60cmになる大型の魚類で、大きく二叉した尾びれのその中央が凹んでいることで見分けることができます。

Notelops brama
ノテロプス ブラマ
【BRF-006】
白亜紀前期
Santana Formation
Ceará
詳細写真 Brazil
本体 : -
母岩 : 34cm x 12cm
価格 : ¥34,800 (税込¥37,584)
特記 : ヴィンクティフェルほどまで多産しないものの、たまに見られる種類の、割ったままのポジネガ(凸凹)標本です。
頭部先から尾びれ先端までが見事に保存された非常に状態の良い完体標本です。尻びれこそ最後から2枚目の写真のように少し確認しづらい状態なものの、すべてのヒレが保存され、この種類の特徴である尾びれの中央の凹みも明確に観察できます。口には細かい尖った歯も並び、体全体を覆う鱗の状態も極めて良好です。ブラジル国外持ち出し禁止となってから既に時間が経ち、日本国内でも良質な標本がリーズナブルな価格で取引される機会が少なくなっています。
Notelops brama
ノテロプス ブラマ
【BRF-007】
白亜紀前期
Santana Formation
Ceará
詳細写真 Brazil
本体 : -
母岩 : 38cm x 12cm
価格 : ¥11,200 (税込¥12,096)
特記 : ヴィンクティフェルほどまで多産しないものの、たまに見られる種類のポジ(凸)標本です。
尾びれは少し先端が切れていますが、頭部側は口先まできれいに保存されており歯も確認できます。ヒレ類は尾びれの形が少し乱れてること、また腹びれは分からない状態ですがそれ以外は保存されています。体中央付近に表面剥がれの接着がありますが、鱗が明確に残っている部分の品質は素晴らしく、生きている時の模様なのか色の異なる縞が残っています。ブラジル国外持ち出し禁止となってから既に時間が経ち、日本国内でも良質な標本がリーズナブルな価格で取引される機会が少なくなっています。