トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Walliserops (ワリセロプス)

Walliserops / ワリセロプス

モロッコを東西に走るアトラス山脈一帯は、多種多様なデボン紀の三葉虫が産出する世界的な一大産地として有名です。この地域のものは概して保存状態が良く、複眼や棘,突起が非常に発達したもの、複雑な形状や特異な形の部位を持つもの等、これまでに多くの人々を魅了してきました。化石産業が同国の重要な外貨獲得の手段の一つのため、三葉虫化石についても1990年代頃から次第に様々な種類のものが市場に出てくるようになりましたが、現在ではその当時と比べると化石を剖出する技術も格段に上がり、長く伸びる突起や1mm以下の棘を体全体に渡って立体的に完璧に剖出する職人も現れ、その人気に拍車を掛けています。なお、学術的にはここ10年ほど前からようやく地層の調査や種の記載が始まったところであり、それ故に現在も市場に出回る標本の種名には曖昧な点が多いことから、今後もしばらくの間は注意が必要な状況です。

Walliserops (ワリセロプス)は、モロッコ産デボン紀三葉虫その多くと同じPhacopida (ファコプス目)中のAcastidae (アカストイド科)に属します。Walliserops (ワリセロプス)の最大の特徴は、頭部先にあるアンテナのようなフォーク状の突起です。その突起が長いタイプ・通称"long-fork (ロングフォーク)"と呼ばれているW.trifurcatus (W.トリフルカトゥス)、短いタイプ・通称"short-fork (ショートフォーク)"と呼ばれるW.tridens (W.トリデンス)やW.hammii (W.ハンミイ), W.lindoei (W.リンドエイ)などが、現在報告されている代表的な種類です。

Walliserops lindoei
ワリセロプス リンドエイ
【WLS-007】
デボン紀中期
Msisi area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦4.8cm (直線測定)
SOLD 母岩 : 8cm x 9cm
価格 : ¥98,000 (税込¥105,840)
特記 : ハミー氏が手がけた、最近よく見るようになった小さなフォークタイプのものです。
母岩割れ接着以外の補填や塗装は一切ありません。この小さなフォークのものとしてはごく平均的なサイズの個体です。母岩割れが少し目立つためにこの価格のようですが、さすがにハミー氏の手がけた標本だけあり、剖出の品質は一級です。特に両眼複眼は完全完璧です。前回(下の)ロングフォークと同じ産地からのものであり、ここ最近この産地からのワリセロの産出が多めのため、稀少度が価格にほとんど加味されておらず、一級品ながら大変お買い得感のある標本です。
Walliserops trifurcatus
ワリセロプス トリフルカトゥス
【WLS-006】
デボン紀中期
Msisi area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦6.4cm(直線測定) x 幅2.4cm
SOLD 母岩 : 5.5cm x 9.5cm
価格 : ¥123,000 (税込¥132,840)
特記 : ハミー氏本人が手がけた完璧な剖出の標本です。
母岩割れ接着以外の補填や塗装は一切ありません。この種としては平均〜やや小さいサイズですが、逆に剖出の難易度はその分格段に上がっており、拡大写真でここまでの仕上がりですので、このコンパクトなサイズとしては世界最高クラスの仕上がりに間違いありません。母岩割れはあるものの非常に丁寧に処理されており、特に本体上ではその影響はほとんど感じません。ここ最近このロングフォークの産出が多めのため、稀少度が価格にほとんど加味されておらず、今が最もお買い時かもしれません。