トップページ > 販売リスト > エディアカラ生物群 > Vendia (ヴェンディア)

Vendia / ヴェンディア (ベンディア)

Vendia (ヴェンディア)は、エディアカラ生物群を代表するベンディア綱の生物であり、数ミリから大きくとも1cmほどしかありません。Dickinsonia (ディッキンソニア)やYorgia (ヨルギア)と同様、楕円形の縦方向の中心軸に対して、左右に互い違い/左右相称になった細かい区分/isomerをもつ姿をしています。またVendia (ヴェンディア)の最大の特徴としては、その中心部付近には消化管の痕跡とも言われる葉脈のような濃い色をした部位が確認できることです。

Vendia rachiata
ヴェンディア ラキアタ
【VVN-001】
先カンブリア時代/ヴェンド紀
Verkhovka Formation
Solza River, Summer Coast
詳細写真 Arkhangelsk region, Russia
本体 : 縦0.6cm, 幅0.4cm
母岩 : 11cm x 5.5cm
価格 : ¥64,300 (税込¥69,444)
特記 : エディアカラ化石を代表する生物ながら、産出がほとんどない稀少な標本です。
母岩割れはありません。一方の先端がかすれて確認しづらいものの保存状態は大変良好で、この小さな生物ながら遠くから見てもすぐに見つけられるコントラストも持ち合わせています。供給元によればベンディアの標本は10年間でわずかに数点程度しか見つからない大変珍しいものだそうです。母岩にはParvancorina saggitta (パルヴァンコリナ サッギッタ)と思われる0.6cmの、こちらも状態の良い完体も確認できます。