トップページ > 販売リスト > エディアカラ生物群 > Tribrachidium (トリブラキディウム)

Tribrachidium / トリブラキディウム

Tribrachidium (トリブラキディウム)は、エディアカラ生物群を代表する種で、その特異な形状は他の種類にはない独特のものです。0.5cmから5cmほどの大きさで、ほぼ完全な円形の体の中に3本の鎌のような構造を持ち、全体が渦を巻いているように見えます。Tribrachidium (トリブラキディウム)は、カンブリア紀以降の生物との関連性が特に分からない種類の一つですが、同様に3回転対称の形状を持つ古生代のEdrioasteroids/座ヒトデ、あるいはLophophoratesや海綿の仲間と関連づける説も出されています。ここロシア・白海地域以外からは、オーストラリアやウクライナからも産出します。

Tribrachidium heraldicum
トリブラキディウム ヘラルディクム
【VTB-003】
先カンブリア時代/ヴェンド紀
Yorga Formation, Kimberella Layers
Erga Stream, Winter Coast
詳細写真 Arkhangelsk region, Russia
本体 : 縦1.6cm x 幅1.5cm
SOLD 母岩 : 16cm x 15cm
価格 : ¥164,000 (税込¥177,120)
特記 : 小さくない個体の、保存状態が良くコントラストが美しい標本です。
母岩割れはありません。この種類はコンスタントに産出があるものの、1cm以下の小さなものがとても多いため、今回のものは十分に大きさがある個体です。またこの標本は写真の通り、母岩からは随分と段差があるほど窪んでおり、3回転対称のその姿に加え、しわのような表面の凹凸もはっきりと観察できます。この種類としてはかなりレベルの高い標本です。