トップページ > 販売リスト > エディアカラ生物群 > Andiva (アンディヴァ)

Andiva / アンディヴァ

Andiva (アンディヴァ)は、まるで雑巾のような姿ながら、指紋のような細かい線がびっしりとついています。また場合によってはさらに変形して曲がりくねった姿で保存されているものも多いことから、元々クラゲのようにある程度しなやかで柔軟な体を持っていたと考えられています。大きさは10cmほどの大きさが主流のようで、産出量は多くありませんが、オーストラリアと違ってロシア・白海沿岸ではたまに見られる種類です。Dickinsonia (ディッキンソニア)、あるいはYorgia (ヨルギア)なども同じ仲間なのではと考えられているようです。

Andiva ivantsovi
アンディヴァ イヴァンツォヴィ
【VAN-001】
先カンブリア時代/ヴェンド紀
Yorga Formation, Kimberella Layers
Erga stream, Winter Coast, White Sea
詳細写真 Arkhangelsk region, Russia
本体 : 縦9.5cm x 幅6.5cm
母岩 : 27cm x 20cm
価格 : ¥384,000 (税込¥414,720)
特記 : 立派な大きさの個体の、大変保存状態の良い標本です。
本体および母岩に入っているクラックのようなものは、割れではなく母岩の段差のようなものです。従いまして、その段差の上にも細かい線がびっしりと残っています。実際、母岩割れもありません。指紋のような細かい線は全体を通して薄れることなく、非常に明瞭に観察できます。また外縁にはジッパーのようなギザギザもはっきりと残っています。この種の十分な大きさのある個体の、かなり上位の品質の見事な標本です。