トップページ > 販売リスト > ゾルンホーフェン化石 >

ゾルンホーフェン産 魚類化石

ドイツ南部のジュラ紀後期ゾルンホーフェン石灰岩からは、多くの脊椎動物の化石も産出し、その最も代表的なものが魚類です。イワシや鮭のような硬骨魚類、サメやエイなどの軟骨魚類、またシーラカンスなどの総鰭類まで、様々な形や大きさのものが見つかります。

Allothrissops salmoneus
アロトゥリッソプス サルモネウス
【SLF-001】
ジュラ紀後期
Solnhofen Limestone
Bayern
詳細写真 Germany
母岩 : (ポジ/凸) 25cm x 19cm
母岩 : (ネガ/凹) 25cm x 20cm
価格 : ¥48,200 (税込¥52,056)
特記 : 全長が30cmほどになる、この産地からの代表的な硬骨魚類の種類、割ったままのポジネガ(凸凹)セットの標本です。
この種類の特徴である長いからだに小さなひれ、体中の骨が見事に保存されています。拡大写真のように、眼や口、えらや尾びれの模様まで、もちろん絶滅してしまった太古の種類ながら、たった今採ったばかりのような魚の姿が観察できます。