トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Pseudosaukianda (シュードサウキアンダ)

Pseudosaukianda / シュードサウキアンダ

Pseudosaukianda (シュードサウキアンダ)は、Redlichiida (レドリキア目)、Redlichiina (レドリキア亜目)、Redlichioidea (レドリキア超科)、Saukiandidae (サウキアンダ科)に属します。モロッコ産カンブリア紀三葉虫では、Resserops (レッセロプス)、Longianda (ロンギアンダ)、Richterops (リクテロプス)などが同じ科に属しています。

※この種類の標本はまだ市場に出てきて間もないために同定が曖昧です。そのためここに記す学名は現在市場で使われている通名を便宜上使用しております。"Longianda termieri"など違う名前で市場に出ていることも多々あります。

Pseudosaukianda sp.
シュードサウキアンダの一種
【PSK-001】
カンブリア紀中期
Issafen Formation
Issafen
詳細写真 Morocco
本体 : 縦12cm x 幅10.5cm
母岩 : 26cm x 16cm
価格 : ¥132,000 (税込¥145,200)
特記 : ここ1-2年ほどで市場で見かけるようになってきた大型種、ハミー氏からの標本です。
"Longianda termieri"として市場に出ることも多く、結局のところは少なくとも市場ではまだ同定が曖昧です。ただ、この特徴的な姿によって他のモロッコ産カンブリア紀三葉虫とは明確に区別がつくため、今後学名が変わっても他の種類と混同することはまずないでしょう。この標本は12cmというこの種類の典型的なサイズがあるために存在感抜群なのは言うまでもありませんが、肋棘や尾板は端まですべて完璧に保存、体の表面も採掘で割った時にネガの方に行ってしまった部分以外には細かい粒がびっしりと保存され、この十分な大きさがある個体でこの保存状態かつ剖出のものはこの先もそう出てくることはないと思われます。間違いなくこの種類のベストクラスの逸品としてここに自信を持ってお薦めさせて頂きます。