トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > Ptychopyge (プチコピゲ)

Ptychopyge / プチコピゲ

Ptychopyge (プチコピゲ)は、Asaphus (アサフス)と同様、Asaphida (アサフス目)、Asaphoidea (アサフス超科)、Asaphidae (アサフス科)に属します。最初のF.Schmidt博士による分類では、このPtychopyge (プチコピゲ)という属名は、Asaphus (アサフス)以外のAsaphida (アサフス目)の仲間という意味合いで使われていました。現在ではそれらはさらにPseudoasaphus (シュードアサフス)、Pseudoasaphinus (シュードアサフィヌス)、Pseudobasilicus (シュードバシリクス)などに細かく分類されています。

この地からのPtychopyge (プチコピゲ)には、P.angustifrons, broeggeri, gladiifera, lesnikovae, rossicaなどの種類、また同様の形態にParaptychopyge (パラプチコピゲ)のP.cincta (P.キンクタ)や、Metaptyhopyge (メタプチコピゲ)のM.truncata (M.トルンカタ)などが挙げられ、現在までに10種類ほどが記載されています。

Metaptychopyge truncata
メタプチコピゲ トルンカタ
【PPL-014】
オルドビス紀前期
Volkhov Level
Putilovo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦6.5cm(直線測定) x 幅4.2cm
母岩 : 12.5cm x 11.5cm
価格 : ¥58,400 (税込¥63,072)
特記 : 最近あまり出回ることが少なかったメタプチコピゲの美しい標本です。
本体左側に縦に母岩割れがありそれに伴う補修、また頭部にも一部割れに伴う修復があります。そのために若干価格がリーズナブルになっていますが、あくまで採掘時の損傷に対する処置であり、元々完全な個体であることに変わりありません。数いるプチコピゲの仲間との違いも楽しむことのできる、平均サイズの真っ直ぐに伸びた標本です。
Ptychopyge lesnikovae
プチコピゲ レンスニコヴァエ
【PPL-013】
オルドビス紀前期
Kunda Level
Voybokalo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦7.8cm(直線測定) x 幅4.6cm
母岩 : 11.5cm x 6cm
価格 : ¥69,800 (税込¥75,384)
特記 : 長めの頬棘が特徴のプチコピゲの代表的種類です。
補填率はわずかに1%程度、左頬棘の根元付近にあります。尾板右上から左下へ母岩割れ接着がありますが、あくまで接着が主体で補填はほぼなく、本体への影響はほとんどありません。拡大写真の通り、体中に細かい線模様が確認でき、この標本の品質を物語っています。また7.8cmという大きさもプチコピゲとしてはかなり大きな個体になります。サイズと品質を兼ね備えたトップクラスの標本です。
Ptychopyge gladiifera
プチコピゲ グラディフェラ
【PPL-012】
オルドビス紀前期
Kunda Level
Voibokalo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦7.5cm(直線測定) x 幅4cm
SOLD 母岩 : 12cm x 10cm
価格 : ¥69,800 (税込¥75,384)
特記 : 最近市場でも見かけるようになった、縦に長いタイプの珍しいPtychopyge (プチコピゲ)です。
7.5cmという大きさでプチコピゲとしては大きい種類であることが分かります。胸部後方に母岩割れに伴う補修補填があり、尾板左端にもわずかに補填がありますが、全体としては補填率2%程度の十分に上位品質のものです。写真のように、表面にはびっしりと細かい線模様が確認できることもその品質の裏付けとなっています。
Ptychopyge broeggeri
プチコピゲ ブレッゲリ
【PPL-011】
オルドビス紀前期
Volkhov Level
Putilovo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦6.8cm(直線測定) x 幅4cm
SOLD 母岩 : 12cm x 8cm
価格 : ¥64,300 (税込¥69,444)
特記 : こちらもなかなか見ないPtychopyge (プチコピゲ)の種類の標本です。
尾板右後方、両眼の内側、および胸部最後の節の左端に補填がありますが、かなり限定的です。それを裏付けるかのように、頭部から尾板に渡る体全体には拡大写真の通り、細かい線模様がびっしりと保存されています。大きさもちょうど平均的サイズであるため、この種の決定版的標本としても問題ない見事な標本です。
Ptychopyge rossica
プチコピゲ ロッシカ
【PPL-010】
オルドビス紀前期
Kunda Level
Voybokolovo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦6.1cm(直線測定) x 幅4cm
SOLD 母岩 : 10cm x 7cm
価格 : ¥61,714 (税込¥64,800)
特記 : 産出量が少ないPtychopyge (プチコピゲ)の種類の大変状態の良い標本です。
ちょうど平均的サイズの個体です。母岩割れに伴う接着補修があるもののそれ以外に補修はなく、その上に非常に丁寧にクリーニングされているため、拡大写真のように、全体に渡って非常に細かい線のような模様がはっきりと観察できます。