トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Phacops (ファコプス)

Phacops / ファコプス

モロッコを東西に走るアトラス山脈一帯は、多種多様なデボン紀の三葉虫が産出する世界的な一大産地として有名です。この地域のものは概して保存状態が良く、複眼や棘,突起が非常に発達したもの、複雑な形状や特異な形の部位を持つもの等、これまでに多くの人々を魅了してきました。化石産業が同国の重要な外貨獲得の手段の一つのため、三葉虫化石についても1990年代頃から次第に様々な種類のものが市場に出てくるようになりましたが、現在ではその当時と比べると化石を剖出する技術も格段に上がり、長く伸びる突起や1mm以下の棘を体全体に渡って立体的に完璧に剖出する職人も現れ、その人気に拍車を掛けています。なお、学術的にはここ10年ほど前からようやく地層の調査や種の記載が始まったところであり、それ故に現在も市場に出回る標本の種名には曖昧な点が多いことから、今後もしばらくの間は注意が必要な状況です。

Phacops (ファコプス)は、Phacopida (ファコプス目)の中のPhacopina (ファコプス亜目)、Phacopoidea (ファコプス超科)、Phacopoidae (ファコプス科)と、この目を代表する種類で、米ニューヨーク州Moscow Shale(モスコー頁岩)やオハイオ州Silica Shale(シリカ頁岩)などの世界各地のデボン紀の地層から広く産出する最も有名な三葉虫の一つです。実際、モロッコ・デボン紀の地層からも数多く産出し、市場にもたくさんの標本が出回っています。最近、ようやくこの地域のPhacops (ファコプス)についても学術的な研究が進むようになり、"Phacops speculator (ファコプス スペキュレーター)"一辺倒であった以前の市場に比べると変化が出てきています。Phacops granulops, lebesus, smoothops, arawなど新しい種類のものに加え、ReedopsやDrotopsの他、Austerops, Barrandeops, Pedinopariopsという属に分類されるものもあるという論文発表もされています。

Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-022】
デボン紀中期
Hamar Laghdad
Atlas Mountain region
詳細写真 Morocco
本体 : 縦4cm(直線測定) x 幅2.6cm
母岩 : 5.5cm x 9.5cm
価格 : ¥21,300 (税込¥23,004)
特記 : ハミー氏の工房からの、最近あまり見ないクラシックな産地のファコプスです。
頭部前方中央に表面剥がれの接着、また胸部左などにも一部割れの小さな割れの修復があります。左眼縦から頭部を一周している横の線は鉱物の析出です。彼の工房からの標本ですので、樹脂による補填はありません。少なくとも仕上げにはブラスターを用いた丁寧な剖出の良質な標本です。
Phacops & Gerastos new sp.
ファコプス&ゲラストスの新種
【PHC-021】
デボン紀初期
Jorf area
Atlas Mountain region
詳細写真 Morocco
本体 : 背周り2.1cm x 幅1cm
母岩 : 4.5cm x 4cm
価格 : ¥64,300 (税込¥69,444)
特記 : こちらは大変珍しい未記載種ファコプス、ハミー氏の工房からの標本です。
小さな体に通常クラスのファコプスと同等の大きさの複眼の白いレンズを持っています。Jorf産ということで、Struveaspis (ストゥルヴェアシプス)も考えられますが、従来のJorfとは異なる場所からであり、また眼や胸部の幅などの様子もそれらとは異なり、ハミー氏によれば新種のファコプスであろうとのことです。母岩には1.6cmの完体のゲラストスも観察でき、こちらも通常のタイプとは異なる新しいJorf産のもので、眼が小さい"blind Gerastos"と呼ばれることもあるものです。ファコプスの胸部前方に一部表面剥がれの接着、およびゲラストスの左側に母岩割れ接着がありますが、ハミー氏工房からのものですので補填等は一切ありません。ハミー氏本人か同等クラスの剖出ですので、この特徴的な個々の白レンズを含め、両個体とも細部まで完璧に観察できる標本です。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-020】
デボン紀中期
Oufaten
Atlas Mountain region
詳細写真 Morocco
本体 : 縦6.1cm(背周り7cm) x 幅2.7cm
SOLD 母岩 : 9.5cm x 6cm
価格 : ¥23,100 (税込¥24,948)
特記 : ハミー氏の工房からの、通常タイプのファコプスです。
母岩割れの接着がありますが、補填はありません。少なくとも仕上げにはサンドブラスター等の専用先端機器が用いられています。そのため、両眼複眼がほぼ完璧に剖出されています。6cmを超える大きめ個体が真っ直ぐに伸びており、実物は十分な存在感があります。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-018】
デボン紀
Oufaten
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦5.3cm(背周り5.8cm) x 幅2.8cm
SOLD 母岩 : 9.5cm x 6cm
価格 : ¥14,800 (税込¥15,984)
特記 : 現地一般工房仕上げながら、かなり高品位の標本です。
母岩割れが胸部1/3前方付近に真横にあり接着されています。頭部右頬に若干の擦れとその部分への着色があります。しかしそれ以外に目立った補修はなく、大変ナチュラルな状態です。剖出も丁寧にされており、両眼複眼のレンズから表面の粒々まではっきりと観察できます。現地工房仕上げ品としては最上位クラスの品質です。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-016】
デボン紀中期
Hamar Laghdad
Erfoud area
詳細写真 Morocco
本体 : 縦4.3cm(背周り5.4cm) x 幅2.1cm
SOLD 母岩 : 6.5cm x 6.5cm
価格 : ¥36,200 (税込¥39,096)
特記 : 2016年に入り突然市場に姿を現した、赤い色をしたデボン紀三葉虫の一つです。
現地一般工房の仕上げ品です。胸部左の茶色っぽくなっている所は、表面剥がれを接着してある部分です。それ以外には頭部に2-3箇所スポット補填があるだけであり、最初から完全体の状態の良い個体であることが分かります。写真のように見栄えがあまり良くありませんが、これは剖出が全体的にアンダーであるために体の表面に母岩の一部が残っている状態のためで、実際は拡大写真のように、オリジナル部分への損傷はあまりないことが分かります。非常に限られた地層の一部からしか産出しないこの赤い三葉虫は、完全体を採取すること自体が大変労力を要すそうで、今後の見通しも立たないそうです。その赤い三葉虫の代表であるファコプスの、大きめ個体の貴重な標本です。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-015】
デボン紀中期
Issoumour Mountain
Atlas Mountain region
詳細写真 Morocco
本体 : 縦6.8cm(背周り8.8cm) x 幅3.5cm
SOLD 母岩 : 9cm x 7.5cm
価格 : ¥34,200 (税込¥36,939)
特記 : ハミー氏の工房からの、これまでに見たことのない部類の未記載のファコプス新種です。
彼の工房からの標本ですので、母岩接着以外の樹脂等による補填や塗装は一切ありません。全体の大部分が通常器具による剖出のようですが、複眼などはブラスターが用いられてさすがに見事な剖出です。いくつかに割れた母岩のため、また鉱物ムラもあるようで、特に胸部では損傷が少し目立ちますが、欠損等はなくナチュラルな状態です。しかし何と言っても明らかにこれまでの他のファコプスとは異なるこの風貌です。横からの写真の通り、特に頭部に高さがあり、また体全体に対する頭部の占める割合も大きく、まるでボリビアかどこかの三葉虫かのようです。頭部だけも色が異なることから、生前この部分が他の体の部分、あるいは他のファコプスの種類とは異なった頑強さや構造を持っていた可能性もありそうです。学術的にも未記載の最近見つかった大変珍しい種類の興味深い標本です。