トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > Prochasmops (プロチャスモプス)

Prochasmops / プロチャスモプス

Prochasmops (プロチャスモプス)は、ロシア・オルドビス紀からは珍しいPhacopida (ファコプス目)の三葉虫で、Phacopina (ファコプス亜目)、Phacopoidea (ファコプス超科)、Pterygometopidae (プテリゴメトプス科)に属します。この産地からのそのほとんどがAsaphida (アサフス目)であるため、Pterygometopus (プテリゴメトプス)やEstoniops (エストニオプス)などこのPhacopida (ファコプス目)の種類は、産出量が少ない珍しい種類となります。もちろん、このProchasmops (プロチャスモプス)もPhacopida (ファコプス目)の最大の特徴である、個々のレンズが発達した複眼を持っています。

Prochasmops praecurrens
プロチャスモプス プラエクレンス
【CHS-004】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦5.1cm(直線測定) x 幅3cm(棘含まず)
SOLD 母岩 : 13.5cm x 11cm
価格 : ¥112,000 (税込¥120,960)
特記 : なかなか良いものがない稀少種の、十分な大きさのある大変良質な標本です。
なかなか良いものがないこの稀少種のため、前回もすぐに売約済みとなった種類の標本です。その直後に同じ現地工房に同様のものが出来上がったらすぐに連絡するよう指示し、ようやくここに入って参りました。サイズ、体勢、そして複眼と、すべての面で前回と同等のものです。ご存じの通り、複眼の保存/剖出が良くないものがほとんどのこの種類の標本ですが、この標本は両眼とも個々のレンズが確認できるレベルであり、左眼は特に良い状態です。また同様にこの種類の体の構造ゆえなのか地中で圧縮を受けている個体が圧倒的に多い中、この標本はほとんどありません。補填は頬棘の付け根部分と先にもわずかに、また右眼てっぺん端にもわずかにある程度で、写真のように全体として3-4%程度とのことです。ロシア・オルドビス紀三葉虫のほぼ唯一といってよいこの十分なサイズのファコプス目の特徴を美しく観察できる良品です。