トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > Paraceraurus (パラセラウルス)

Paraceraurus / パラセラウルス (パラケラウルス)

Paraceraurus (パラセラウルス)は、Phacopida (ファコプス目)の中のCheirurina (ケイルルス亜目)、Cheiruridae (ケイルルス科)に属す、多くのロシア産オルドビス紀三葉虫の中でも珍しい存在です。この科も世界各地の地層から産出しますが、ロシア産オルドビス紀三葉虫と同時代のものは、カナダ・オンタリオ州やケベック州のオルドビス紀Trenton Group (トレントン群)からのCeraurus (セラウルス)やXylabion(キシラビオン)、英・スコットランドGirvanからのSphaerocoryphe (スフェロコリフェ)などがいます。またその後の時代では、米・イリノイ州やオハイオ州のシルル紀Niagaran Dolomite (ナイアガラ ドロマイト)からのCheirurus (ケイルルス)、モロッコ産デボン紀三葉虫で代表的なCrotalocephalus (クロタロセファルス)もこの科に属します。発達したglabellar furrow (頭鞍溝)を持つ大きなglabella (頭鞍)がある頭部、そして何と言ってもgenal spine (頬棘)や胸部のpleural spine (肋棘)、尾部の二股に分かれたようなpygidial spine (尾棘)など、全体が尖っているパーツで形成されている体が特徴です。

ロシア産オルドビス紀三葉虫のうち、このCheiruridae (ケイルルス科)に属するものは、かつては全てCheirurus (ケイルルス)という属名がついていましたが、後に様々な名前に細分化され、現在ではParaceraurus (パラセラウルス)の他に、Cyrtometopus (キルトメトプス)やNieszkowskia (ニエズコウスキア)、Sphaerocoryphe (スフェロコリフェ)などがいます。ロシアでもこれらのどの種も産出量が非常に少ない希少種に当たります。

最近の市場では、Paraceraurus (パラセラウルス)の標本に様々な名前がついており、P.exsul (P.エクスル), P.macrophthalmus (P.マクロフサルムス)などが挙げられます。またP.ingricus (P.イングリクス)という頬棘や尾棘が体に対して極端に長い種類もたまに見かけられます。ただ、現地ロシアでもこれらの区別/種分けは非常に曖昧で、全く同じと思われるものに異なる名前がついているということが多々あり注意が必要です。当店では、供給元より入ってきた名前をそのまま引用しております。

"Ceraurinella" ornatus
セラウリネラ オルナトゥス
【CER-019】
オルドビス紀前期
Kunda Level
Lava River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦8.5cm(直線測定) x 胴体幅3.4cm
母岩 : 14cm x 13cm
価格 : ¥298,000 (税込¥321,840)
特記 : 頬棘および尾棘が極端に長い、非常に珍しいパラセラウルスの仲間です。
頭部前方などに補填がありますが、全体の量としては5%ほどであり、稀少種の標本としては十分にトップクラスのものです。母岩割れはありません。この種類は元々Cheirurus ornatusとして記載されたもので、同様の体を持つingricusと共に、近年新たな属名Ceraurinellaが提唱されていますが、Paraceraurusとして市場に出回ることもあります。長い棘の他にも、小さな三角形の頭部、細身の体と、明らかに通常のパラセラウルスと異なり、その優しく可憐な姿が印象的です。ingricusとは尾板などの違いがあるようで、この種類の産出は過去にも数体程度とのこと、今回のものは大きさもこの種類として過去最大級だそうです。
Paraceraurus macrophthalmus
パラセラウルス マクロフサルムス
【CER-012】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilpovisty Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦11.5cm(直線測定) x 幅5cm
母岩 : 15cm x 12cm
価格 : ¥321,000 (税込¥346,680)
特記 : 十分な大きさがある個体の、すべての棘を宙に浮かせた立体クリーニング標本です。
頭部裏まで剖出されておりhypostoma(唇)も観察することができます。補填率は全体の約3%とのこと、このタイプの仕上がり品として最上位クラスの品質です。この個体は、頬棘の端がカールしている珍しいタイプの種類で、それ故に通常とは違う種名がついております(供給元の判断です)。この標本の母岩にもNautiloid/直角石の一部がついており、これらが当時同じ海に生息していたことが分かる興味深い標本でもあります。
Paraceraurus exsul var.
パラセラウルス エクスルの変種
【CER-018】
オルドビス紀中期
Asery Level
Gostilitsy village outcrop
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦10cm(直線測定) x 胴体幅4cm
母岩 : 17cm x 13.5cm
価格 : ¥234,000 (税込¥252,720)
特記 : occipital spine/額棘がある大変珍しい種類の、真っ直ぐに伸びた美しい標本です。
直線測定で10cmと、この額棘がある種類の個体としてはちょうど平均的な大きさの個体です。この額棘がある変種はたまに産出することがありますが、もちろんその頻度は非常に少なく、大変稀少です。補填は両頬棘先端、胸部右肋棘端などに若干あるものの非常に限定的であり、頭部に入っている縦の線などはすべて自然なものですので、かなり上位品質なものに間違いありません。加えて、この母岩には長いNautiloid/直角石の一部も美しく保存されており、この標本の価値を高めています。