トップページ > 販売リスト > Arthropleura (アースロプレウラ)

巨大ヤスデ Arthropleura (アースロプレウラ) ポーランド産

Arthropleura (アースロプレウラ)は、古生代石炭紀に生息していた、2-3mに達するかという巨大な陸生ヤスデの仲間です。これは1億種ほどいると見積もられている節足動物の中で地球史上最大です。三葉虫のような3葉から成る節が30ほど連なり、現在のヤスデと同じく多数の脚を持っていました。これまでのところ、80cmの不完全標本を始め、北米やヨーロッパの各地から産出が報告されていますが、完全なものはまだ見つかっていません。当時の地球は酸素濃度が高く、また同時に捕食者も少なかったことがこれほどまでの大きさになった理由と考えられています。

ポーランド南西部ノバルダ (Nowa Ruda)鉱山周辺には石炭紀後期の地層が広がり、多くの陸生植物などの化石が産出します。この地域からはArthropleura (アースロプレウラ)の断片化石も見つかり、2012年にはこれらが初めて論文 (PACYNA,FLORJAN & BORZÊCKI,2012)で報告されました。

Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-001】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅2.5cm
SOLD 母岩 : 5cm x 5cm
価格 : ¥8,800 (税込¥9,680)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石です。
破片ではないため、おそらく節と思われる体の形状が分かる標本です。表面には特徴的なコブや質感までがきれいに保存されており、アースロプレウラの断片化石としてはコンパクトながらもかなり良質な標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-002】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅8.5cm
SOLD 母岩 : 12cm x 12cm
価格 : ¥32,400 (税込¥35,640)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石、珍しい大きめサイズの標本です。
明らかに破片ではなく、部位の一部がそのまま保存されたものです。この標本は通常見つかるものよりも縦も横もサイズがあり、かなり大きな個体の節の端か、あるいは通常見つかる部位とは異なった部分の可能性もありそうです。三日月型の部位のその上にも続きの組織があるようです。母岩には、2012年の論文にも掲載されて時代特定に使われたのと同じと思われるシダ植物も確認できます。何年にか一度クラスの貴重な大きな部位化石標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-003】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅4cm
SOLD 母岩 : 6.5cm x 9.5cm
価格 : ¥8,400 (税込¥9,240)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石です。
こちらは一部は部位の縁のようですが全体的には外殻の破片という感じの標本です。ただ十分なサイズがあり、特徴的なコブや質感がきれいに保存されています。十分に良質なアースロプレウラの断片化石標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-004】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 脚:縦2.5cm、殻:幅2.2cm(最大)
SOLD 母岩 : 5cm x 10cm
価格 : ¥29,800 (税込¥32,780)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石、おそらく脚と見られる稀に見る部位を含む標本です。
イギリスからの個体についての論文(Rolfe & Ingham, 1967)で考察された、付属肢の根元の形とほぼ同じ形状をしたものが確認できます。現地採掘者によればこのような形の部位はこの産地から過去にほとんど産出がなく大変貴重だそうです。母岩にはさらに外殻の断片も複数載っており、この部位がアースロプレウラのものであることを裏付けるかのようです。アースロプレウラ全般に渡る貴重な標本になり得る標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-005】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅8.5cm
SOLD 母岩 : 10cm x 12cm
価格 : ¥13,400 (税込¥14,740)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石です。
外骨格の破片のようですがそれでもこの大きさあることから、いかにアースロプレウラが大きな生物であったかがよく分かります。表面の凹凸や質感もきれいに保存されています。これらが体のどの部分に当たるかを推測しながら観察するのも贅沢な時間かもしれません。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-006】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅3.3cm
SOLD 母岩 : 3cm x 5cm
価格 : ¥3,980 (税込¥4,378)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石です。
それほど大きさはありませんが、右上の方は節の端かもしれません。特徴的なコブも質感も美しく保存されており、コンパクトながらもこの生物の特徴を感じ取ることができる良質な標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-007】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅4.5cm
SOLD 母岩 : 9cm x 10cm
価格 : ¥16,400 (税込¥18,040)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石、通常見つかる部分化石の形とは異なるものです。
超大型個体の節の端なのか、それとも裏面の組織の一部なのか、非常に興味深い標本です。少なくとも右上部分はどこかの部位の端であることは間違いないようです。表面の質感はもちろんのこと、全体が立体的であり、かなり立派な外骨格を持った生物であったことが容易に推測できます。アースロプレウラの復元を考えたときに重要になりそうな大変興味深い標本です。
Arthropleura sp.
アースロプレウラの一種
【ATH-008】
石炭紀後期
Westphalian B
Czerwionka, Upper Silesia
詳細写真 Poland (ポーランド)
本体 : 幅4.5cm
SOLD 母岩 : 3cm x 5.5cm
価格 : ¥12,100 (税込¥13,310)
特記 : 2-3cmほどの断片ですらなかなか産出しないという貴重なアースロプレウラの部分化石です。
三葉虫のように3葉に分かれた節の繋ぎ目部分を含む節一つの一部がきれいに保存された標本です。表面のコブや質感も非常に良い状態で保存されています。それほど大きくない標本ながらアースロプレウラの頑強さを感じ取ることができる良質な標本です。