トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > A.platyurus(プラティウルス)

Asaphus platyurus / アサフス プラティウルス

Asaphus platyurusは、20種類以上もいるというロシア産オルドビス紀三葉虫の代表種Asaphusの中で、鋭く長い派手なgenal spine (頬棘)を持つの唯一の種類、かつ稀少なAsaphusの一種で非常に人気の高い種類です。それゆえ、市場に出回る機会が非常に少ないとともに、その派手な風貌ゆえに需要が非常に高く、通常のAsaphusに比べて何倍もの高値で取引されるAsaphus種の代表種です。

なお、このAsaphus platyurusという種類は近年さらに分類が進み、頑強ながらそれほど長くない棘のAsaphus platyurus platyurus (プラティウルス), 細いながら長い棘のaculeatus (アクレアトゥス)、短めながら鋭い棘を持つlatisegmentatus (ラティセグメンタトゥス), 非常に長くかつ頑強な棘のlongispinus (ロンギスピヌス)の数種類がsubspecies(亜種)として発表されております(Krueger 1999) 。また、Ivantsov 2003の中ではこれとは別に、前者の論文でA.platyurus latisegmentatusに当たるものをSubasaphus latisegmentatus、また、単に長い頬棘を持つものとしてのSubasaphus spinifer (サブアサフス スピニファー/スピニフェル)が新しい種 (species)として提唱されています。そのため、商業的な市場においても、これらが混同する形で色々な名前が交錯しており、注意が必要となります。

※この種は最近、"Neoasaphus platyurus (ネオアサフス プラティウルス)"という名前でも市場に出回ることが多くなってきましたが、学術的にAsaphusとNeoasaphusは同等の属名ですので、実際の標本に違いはありません。

Asaphus platyurus
アサフス プラティウルス
【APY-016】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilopovisty Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦11cm(直線測定) x 幅8.6cm
母岩 : 17cm x 15cm
価格 : ¥82,300 (税込¥88,884)
特記 : 体長11cmもの大型個体の真っ直ぐに伸びた美しい標本です。
母岩割れおよび表面外殻割れに伴う補修補填があり、頭部中央部がその主要部の他、胸部後方左右端にも少しあります。しかし全体的には補填率は5-6%程度と、このような巨大個体の標本としては十分に上位クラスの標本です。右眼付近に若干の上からの圧縮はありますが変形と言えるほどには至っておらず、また全体に渡っても巨大個体としては変形がほとんど感じられないきれいな姿を保っています。巨大個体にふさわしい分厚い外殻に写真の通りの美しく滑らかな表面と、稀に見るこのサイズの魅力を堪能することができる標本です。
Asaphus platyurus latisegmentatus
(アサフス プラティウルス ラティセグメンタトゥス)
【APY-015】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilopovisty Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦4.7cm(背周り5.4cm) x 幅3.7cm
SOLD 母岩 : 8cm x 7cm
価格 : ¥28,400 (税込¥30,672)
特記 : 少し小さめの個体ながら、樹脂の補填がないトップクラスの品質です。
頭部右上から母岩割れがありますが、修復は接着のみに留まっており、本体への影響はほぼありません。それ以外の補修補填はありません。表面状態もこれ以上望めないというほど大変美しいものです。
Asaphus platyurus latisegmentatus
アサフス プラティウルス ラティセグメンタトゥス
【APY-013】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilopovisty Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦7.6cm(直線測定) x 胴体幅4.7cm
SOLD 母岩 : 14cm x 8cm
価格 : ¥36,600 (税込¥39,528)
特記 : 平均サイズの上限か少し大きめほどの、真っ直ぐ伸びた姿勢の美しい標本です。
右頬棘先にわずかに補填、あとは写真で分かる通りに母岩割れに伴う補修があります。全体的に少し擦れがあるものの、欠損部を補うような補修はなく、大変ナチュラルな状態を保っています。近年数多くの亜種が提唱されているA.プラティウルスですが、この標本も亜種まで特定されています。