トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > A.nieszkowskii(ニエズコウスキイ)

Asaphus nieszkowskii / アサフス ニエズコウスキイ

2016年シーズンより、これまで採掘していた層よりも数段時代が新しいKukruse層をターゲットにした採掘が長期間行われるようになりました。Kukruse層 (CII)は、古い順にAsery層 (CIa)、Lasnamagi (CIb)、Uhaku層 (CIc)に続くこの地域のオルドビス紀後期の地層で、サンクトペテルブルグ西のエストニアとの国境に近いKingisepp (キンギセップ)近郊に主な採掘場所があります。これまでロシア・オルドビス紀三葉虫を多数生み出しているサンクトペテルブルグ周辺の採掘層とは時代を隔てているため、このKukruse層からはこれまで得ることのできなかった種類が産出するものの、基本的に完体の三葉虫を得ること自体が大変困難な環境であり、またサイズもほとんどが1-2cm程度の大きさと、これまでのロシア・オルドビス紀三葉虫のイメージには当てはめることのできないものとなっています。

Asaphus nieszkowskii (アサフス ニエズコウスキイ)は、F.Schmidt博士が当初から提唱していた種類で、数々の見直しがされた現在でも一定の有効性が認められています。Llandeilian後期からCaradocian前期にかけて産出されるとされており、そのためにAsery層からこのKukruse層辺りまで広くこの種名が使用される理由となっています。Kukruse層に関する最新の学術記事においてもこの種名が使用されており、供給元ならびにこのサイトでも今回この種名を使用しておりますが、実際には層準によりサイズ等大きな違いがあり、このKukruse層からのものは1-2cmというサイズのため、将来的には新しい種名が提唱される可能性もあるかもしれません。

Asaphus nieszkowskii
アサフス ニエズコウスキイ
【ANZ-001】
オルドビス紀後期
Kukruse Level
Alekseevka Quarry
詳細写真 near Kingisepp, Russia
本体 : 縦1.7cm(直線測定) x 幅1.1cm
SOLD 母岩 : 7cm x 9cm
価格 : ¥72,300 (税込¥78,084)
特記 : 通常より数段上の新しい地層から産出するアサフスの、なかなか完体が見つからないという大変稀少な標本です。
左胸部4節目の端に補填、また1-3節目にもわずかな量が、および尾板中央部にも1mm以下のほんのわずかな補填があります。頭部中央の色の違う部分は補填ではありません。2cmに満たないこのサイズがこの層からのアサフスの典型的な大きさとのことです。そもそも昨シーズンを通してこの種類の完全体はわずか数体しか採取できなかったそうで、実際には価格以上に大変稀少な種類だそうですが、この大きさのためにこの価格設定にせざるを得ないとのことでした。この産地/層準ではアサフスは稀少種の部類で、これまでの採掘ではRemopleuridesやAtractopygeの方がむしろ多く出ている印象とのことです。もっともこの産地では三葉虫の完体自体がほとんど出ない状況であり、すべての三葉虫の完体標本自体が大変貴重なことだそうです。